買い取りへ

次に誰に買い取ってもらうかです。不動産会社に頼むことになると思いますが、借地権を取り扱っていない不動産会社もあります。最終的に地主との交渉が破談となれば、売買が不成立となるため面倒を避ける会社もあるのです。ですので、借地権の買い取りの専門家がいる専門業者に頼むことになります。

借地権買い取りの専門業者に頼む場合、二つのケースが考えられます。一つには第三者の買い取りを専門業者が仲介するパターン。もう一つは専門業者自身が買い取るパターンです。第三者の買い取りは第三者が支払う金額が分かるので、ある程度納得できると思います。また、借地権の取扱いの難しさからすれば仲介手数料が通常の不動産売買より高額になるのは致し方ないことです。

気になるのは、専門業者自身が買い取るパターンです。借地権の買い取りは、特殊なものであり複雑に法律が絡み合うため、素人には分かりづらいです。専門業者に頼むとしても、無知をいいことに極端に安い値段で買い取られてしまうかもしれません。必ず複数の専門業者に査定を頼むことになります。

もちろん、第三者に買い取りをしてもらうより、借地権買い取りの専門業者に買い取ってもらった場合の方が借地権の値段は大分低くなってしまいます。買い取りを探すという手間が省かれ、手早く借地権を現金化できるのでしょうがないといえます。相続した借地権には多数の利害関係者がいるため、それに伴う困難から早く解放されたければ借地権買い取りの専門業者に買い取ってもらうというのは有効な選択肢です。

推奨リンク<借地権の売買・売却はピタットハウスの【借地買取りドットコム】へ!

Pocket