借地権の買い取り

借地権を相続したらどうしますか。現在自分が住んでいるところに不満がなければ、まず売ることになるでしょう。しかし、借地権って買い取ってもらえるのでしょうか。

そもそも借地権とは何でしょう。借地権は、建物所有を目的とする地上権・土地賃借権のことをいいます。一般的に駐車場のために土地を借りていても借地権というかもしれませんが、それは借地借家法で保護される借地権ではありません。建物所有のための借地権は、人の生活基盤である建物の基礎となる権利であるため、借地借家法により特別の配慮がなされているのです。

借地権は、土地に建物を建てる権利であり財産といえるので、相続の対象となります。当然相続税もかかりますし、売ることもできます。よって借地権は買い取ってもらえます。

しかし、借地権の買い取りというのは特殊です。車の買い取りのようには行きません。なぜなら、借地権の買い取りには地主の承諾が必要であるからです。借家借地法に借地権の移転には地主の承諾が必要であると規定されているのです。

なぜ地主の承諾が必要であるのでしょう。まず、借地権契約というのは家を建てるための契約ですからとにかく長いです。最低でも30年からとなっています。長い契約関係に入るのであるから誰が契約相手かは地主の重大な関心事です。また、自身の土地を使わせるということからも相手方が気になります。こうしたことから、借地権の買い取りには地主の承諾が必要とされているのです。

地主の承諾などの借地権の特殊性から、借地権の買い取りにはさまざまな困難が待ち受けます。

Pocket