まずは法律関係の確認

借地権が相続された場合、まずしなければならないのが法律関係の確認です。借地権契約がどうなっていたのかまたはどうなっているのか確認しなければなりません。借地権契約はとても長いので契約書が残っていない場合もあります。また、借地権は通常登記されていません。仮に借地権契約の契約書があったとしてもきちんと地代を払っていない場合、債務不履行で解除されてしまいます。また、ときどき借地権契約が地主の好意で使用貸借契約に変わっていたなんて場合もあります。使用貸借契約は契約者本人が死亡したらその時点で終了です。あまりにも地代が安かった場合も土地の賃貸借契約とは認められない場合もあります。借地権の存在を確認することこれが第一です。

被相続人に借地権があったとして、相続で借地権が移転したら地主に承諾料を払う必要はあるのでしょうか。これは払う必要はないです。ただし、遺贈の場合は、地主に承諾料を払う必要が出てきます。

ここまで来てようやく借地権が存在するということを確認できました。しかし、通常相続人は複数です。個人で借地権の買い取りをしてもらう場合、遺産分割協議書で建物の所有権を個人に帰属させてもらう必要があります。相続人全員で借地権の買い取りをしてもらう場合には全員が売主にならなくてはいけません。遺産分割協議の場合は他の相続人に判子料を、全員で売主になる場合は他の売主に売却額の案分を支払う必要があります。

Pocket